記事一覧
更年期障害にプレマリン、エストロゲンの不足を補って症状改善

病院で更年期障害治療をする時には、プレマリンと呼ばれる薬を処方され、更年期障害と併発しやすい卵巣欠落症や卵巣機能不全症等性器を中心とした病気...

2020年05月03日
アフターピルとして中用量ピルを2回飲んで避妊をする、ヤッペ法

性交渉後72時間以内であれば、アフターピルを服用する事で避妊ができますが、副作用として倦怠感や吐き気を感じる事例があり、服用後2時間以内に嘔...

2020年04月05日
低用量で1相性のジネット35はニキビ治療にも使用される

ホルモンバランスが崩れて体調が崩れている時は、薬品で治療する方法が最適ですが、日によって体内環境も違ってくる為薬品の配合バランスを変える事が...

2020年03月20日
三相性の低用量ピル、トリキュラーは経血を少なくする効果も

子宮に異常があると経血が多くなり、過多月経と呼ばれる病気になる事がある為、三相性の低用量ピルを服用して経血量を少なくする治療を受けてください...

2020年03月05日
アフターピルのアイピルは高用量ピル、服用の3時間後から避妊効果

配合されているホルモンが多いと痛みの酷い生理痛を治療するだけでなく、生理周期の改善や無月経の肩を治療できるので、医療機関ではそれらの治療薬を...

2020年02月18日
月経困難症に効果的、超低用量ヤーズは保険がきく

世界的な薬品の規定では、エストロゲンが50マイクログラム以下の物を低用量ピルの基準として定めており、それ以下になると超低用量ピルに分類され、...

2020年02月01日
低用量ピルとアフターピル、副作用に差はある?

服用するとホルモンの量が変動する為、低用量ピルとアフターピルの使用に適した肉体でも、間接的な疾患を抱える可能性があり、その代表例が体重増加の...

2020年01月17日