• ホーム
  • 更年期障害にプレマリン、エストロゲンの不足を補って症状改善

更年期障害にプレマリン、エストロゲンの不足を補って症状改善

2020年05月03日

病院で更年期障害治療をする時には、プレマリンと呼ばれる薬を処方され、更年期障害と併発しやすい卵巣欠落症や卵巣機能不全症等性器を中心とした病気の治療も同時に行っていきます。ただしエストロゲン不足を補うには、この薬が補給できる卵胞ホルモンと同時に黄体ホルモンが含まれている薬品の使用が必要なので、閉経を迎えている年齢の方は医師の診断を受けて正しい用量のプレマリンを処方してもってください。

ただし子宮を摘出している人が更年期障害を発症している場合はこの限りでは無く、卵胞ホルモンのみを摂取できるプレマリンを処方してもらい、黄体ホルモンを摂取しない事が体内のホルモンバランスを整える秘訣です。尚更年期障害の進行具合が浅い方は、通販で販売されているプレマリンでも症状を改善できますが、結合型プレマリンの拒否反応が服用者に無い事と過剰摂取に注意して、子宮内膜増殖症を悪化させたり、エストロゲン依存性腫瘍を未然に防ぐ事が重要です。

尚閉経の人は他の原因で性器から出血している可能性もある為、症状がはっきりしている時にのみ通販のプレマリンを摂取し、膣乾燥を併発している時は医師に判断を仰いだうえでクリームタイプを使用して効果的に更年期障害を治療してください。一方更年期障害に自律神経失調症状が見られる方は、錠剤タイプを使用すると効果的な治療ができますが、含まれている成分配合は緻密な計算が介入している為、必ず医師に相談する必要があります。プレマリンの安全基準は、経口摂取の場合1日に0.625mgから1.25mgとされ、更年期障害と膣や子宮の炎症を併発している方には0.625mgから3.75mgが目安になります。

しかしこれらを使い更年期障害を治療しても、女性は50代を過ぎると女性ホルモンが分泌されなくなるので、摂取を継続して、体内のホルモンバランスを整える必要があります。この時の注意点はプレマリンは使用量を守っても5年以上の継続使用には適しておらず、老年期を迎えた方は錠剤の服用等別の方法でエストロゲンを増加させなければならないので、老化を防ぐホーリン剤を処方してもらいましょう。

この様に投薬治療がメインになる方法ですが、服用者の体内環境によって効果が無い人もいるので、迷った時には医師に相談して最適な治療方法を模索してください。一番お勧めは注射器を使う治療方法で、この方法のメリットは高い確率で更年期障害の併発症状を改善できると共に男性にも効果がある為、幅広い治療に使われている特徴があります。尚且つ古くから投薬研究が行われている方法なので安全性が高い点も注目されており、現在ではエストロゲンを増加させて更年期障害を解消させる方法の中で、最も多くの併発症状を改善できる治療法として知られています。

さらに安全性を重視したい時にはパッチ剤を使用する方法もあり、この場合は注射器の様な痛みも食事改善によるストレスも無く、更年期障害を治療できます。重要なのはエストロゲン不足で併発するホットフラッシュや発汗、冷え性等を同時に改善する事で、これらは全て自律神経の乱れから発症する為、プレマリンの他にも複数の薬品が必要です。