• ホーム
  • 低用量で1相性のジネット35はニキビ治療にも使用される

低用量で1相性のジネット35はニキビ治療にも使用される

2020年03月20日

ホルモンバランスが崩れて体調が崩れている時は、薬品で治療する方法が最適ですが、日によって体内環境も違ってくる為薬品の配合バランスを変える事が要求されます。しかし素人でその判断をする事は難しいので、継続服用するピルの配合バランスが全て同じ1相性のピルを処方してもらい、服用期間中の体内バランスの変化にも対応できるようにしてください。

この様にピル開発の安全性も高くなった為、男性用の避妊用ピルも開発され、避妊確率の大幅な上昇に成功しており、中には睾丸の働きを抑制する物も存在します。主なメカニズムは男性ホルモンの他に、複数のホルモンを一つの薬品にして、性欲を維持しながら精子数のみを減少させる仕組みで、服用をやめれば即座に精子数を元に戻せる為体への負担も少ないメリットがあります。その為低用量ピルとして販売されている事も多く、その多くにはシプロテロンが配合されている為、ニキビや多毛症等の副作用発生率が極めて低くなっています。

平成11年に日本国内で認められた比較的新しい薬品ですが、現在ではジェネリックも販売されているまでの規模になりました。ジェネリックとは販売されている薬品の成分構成を他社が制作した薬品で、制作工程の簡略化等で生産コストを抑えているタイプを指します。安全性にも配慮されているので信頼性も高く、低用量ピルのジェネリックではジネット35が有名で、エチニルエストラジオールと呼ばれる人工の卵胞ホルモンを配合し作られたダイアン35を元に作られており、アジア諸国の人間の体格でも副作用の影響が軽微になるよう作られている為、日本人でも体への負担を心配する事無く避妊が行えます。

ただし服用者によっては嘔吐や下腹部の痛みといった副作用が確認されている上に、多毛症やニキビの治療効果が小規模になる事例もあり、診断未確定の出血や乳がんの方は症状の悪化等が考えられるので公式に使用を禁止されています。またダイアン35とジネット35は日本国内では販売されておらず、個人輸入された物を購入する方法しか入手手段しかないので、1相性の避妊薬を継続して使用する際には少ない購入機会に大量に購入する等の対策を検討してください。

使用時の注意点は継続使用の安全性は確認されていますが、継続使用の臨床試験中に発癌性物質の生成が一部確認されている為、飲みすぎや不用意な連続使用は避けるべきで、用法用量が守られていれば、最低でも7割以上の確率で避妊と同時に多毛症の治療ができます。これはシプロテロンの男性ホルモンの生成や働きを極端に低下させる効果によるもので、女性が服用しても排卵を遅らせたり、子宮内膜の成長を遅延できる為、性別を問わず服用されています。特にテストステロン等の男性ホルモンの活動妨害効果は高く、皮脂腺の働きが低下する為多毛症だけで無く皮膚の清潔度も高められる為美容目的で使用する方も存在しますが、シプロテロンは低用量ピルを中心に配合する為に開発されている為、必ずジェネリック品を購入してください。