• ホーム
  • 三相性の低用量ピル、トリキュラーは経血を少なくする効果も

三相性の低用量ピル、トリキュラーは経血を少なくする効果も

2020年03月05日
泣いている女性

子宮に異常があると経血が多くなり、過多月経と呼ばれる病気になる事がある為、三相性の低用量ピルを服用して経血量を少なくする治療を受けてください。三相性の低用量ピルとは、ランダム性の高い変化を遂げるホルモン量に対して、低用量ピルを複数個服用して経血量を少なくする治療方法で、服用期間1周期当たりに避妊効果の無いピルを混同させて、飲み忘れを防ぐ対策が施されています。また経血量に合わせて避妊効果の無いピルの服用数を変化させれば、ピルが補給するホルモン量を調節できる為、ホルモン量過多による併発症状を未然に防げるメリットがあります。

この三相性低用量ピルが排卵を抑制するメカニズムはプロゲステロンが大きく関係し、この物質が血流を使って体全体まで運ばれると、脳の認知レベルが妊娠した状態と同じに変更され排卵が抑制されます。この時子宮内膜の生成情報も変更されるので、月経で排出される経血量も抑制され、これがトリキュラーと呼ばれる低用量ピルを完成にまで導いていったメカニズムにもなりました。

トリキュラーは経血が少なくなっても継続的に服用する点が大きな知名度になり、プロゲステロンのコントロール性能も高い為避妊薬を求める女性からの支持も獲得しています。高い経血トラブルの解決力を維持する為に、原則的にトリキュラーを2日以上飲み忘れた場合は、公式から新たな1周期分の低用量ピルを処方してもらう事を推奨しており、これによってデリケートなホルモンバランスの方の血の量も少なくできるメリットがあります。その為避妊効果が高い事でも知名度を確立しており、配合成分の中にあるレボノルゲストレルは即効性の避妊効果がある上に、貧血になる程に血流への干渉力が高い為、三相性の低用量ピルとのシナジーも高く推移しています。

尚トリキュラーは黄体ホルモンの配合率を高くしている影響で、体温や体の水分量の維持に強く、乳腺の発達も促進される為、レボノルゲストレルの疑似的な妊娠状態を作りだす効果と合わせて、避妊確率も高い特徴が存在します。その一方で服用すると眠くなったり憂鬱になる副作用が強い傾向があるので、三相性の低用量ピルのメリットを生かして、眠気を感じるタイミングでトリキュラーの服用量を減らす等の工夫が必要です。さらに黄体ホルモンの含有量の多さを活かして、子宮内膜の成長を徹底的に抑制すると共に、経血量の増加原因になる排卵による機能性経血も防げる為、出血量の多さが気になる方はトリキュラーを服用しましょう。

また子宮や性器周辺の病気改善にも役立ち、医師によっては副作用を副効果として利用する方もいるので、レボノルゲストレルを含んだトリキュラーは、新しい可能性もある避妊薬としても知名度を高くしています。避妊効果の中では子宮口のケアに優れており、精子の侵入を防いでくれるのでこの効果を利用した避妊薬を処方する程、医師からの知名度も高い特徴があります。