色々なカプセル

体内にあるホルモン量は新陳代謝や自律神経の正常化と大きく関係しており、ホルモンが乱れたり、量が極端に少なくなると、更年期障害を発症し女性の場合は月経困難症等女性器を中心とした体内トラブルも発生します。さらに女性は年齢を重ねると閉経を迎えて女性ホルモンの分泌量が全くなくなるので、更年期障害を発症しやすくなるので、外部から女性ホルモンを補給して症状を緩和する必要があります。最も有効な方法はピルを服用する方法で、卵胞ホルモンを増やして脳から見た体が妊娠したと錯覚して月経周期を正常化させる効果で、月経困難症の治療目的に使われています。また脳が肉体の妊娠を検知できれば排卵の発生も停止するので、精子が女性器の中に入っても着床する事ができずに通常の月経周期に戻り避妊が実現できます。このメカニズムが多くの避妊薬の仕組みで、反対に卵胞ホルモンの量を減少させれば子宮内膜の成長も止まる為、排卵と性交渉のタイミングをずらして避妊できる上に、体への負担も軽い為市販薬で避妊をする人も多く存在します。

ただしホルモンの量は年齢意外にも個人差で激しく増減する為、補給するホルモン量を服用するピルの選別でコントロールする必要があり、市場では低用量ピルから大容量ピルまで様々なタイプが販売されています。避妊効果が注目されがちなピルですが、体の疾患の原因がホルモンにあるならば、その疾患を軽減できる為、良性乳房疾患や卵巣癌の予防薬品としても使える為、更年期障害で様々な病気を併発している方はピルを服用してみましょう。

しかし専門機関からガイドラインが発信される程、使用方法や効果の細分化が進んでいる為、肉体の疾患が深刻でない時も可能な限り医師から処方箋を発行してもらい、肉体に最適なピルを服用する事を強くお勧めします。特に医師の元で処方してもらう場合、問診の他に血圧測定の結果が重要視され、高血圧と診断された場合は子宮内膜の成長妨害効果がある低用量ピルの使用を控えさせて、ホルモンバランスを整える治療を積極的に行う傾向があります。さらに更年期障害を発症している方は骨の密度が低下している事もあるので、それを解消する為に低用量ピルの服用が有効で、エストロゲンが含まれていれば体内コレステロールは勿論、肌のツヤやハリも取り戻せるので美容目的で服用する方も存在します。また血管系に疾患を抱えている人も血栓症の副作用が危惧されるものの、貧血状態を改善できるので血液の絶対量が少ない時にはピルを服用して、血液不足による心負担等を軽減すると多くの病気を予防できます。

注意点は更年期障害を迎える40代から50代の年齢の方は、血管の柔軟性が損なわれている傾向があるので、血液状態の改善目的で服用すると動脈硬化を併発する危険性がある為、含まれている全体的なホルモンバランスを変えて体の負担を軽減してください。ホルモンバランスの目安は肉体の体温状態に異変がある時には、黄体ホルモンを増加させて服用すれば基礎体温だけでなく食欲増進効果も期待できる為、体内から健康状態を変えられるメリットがあります。

反対に肉体に男性ホルモンの影響が強くでている女性は、子宮内部の柔軟性や髪の毛の状態改善をする為に、卵胞ホルモンが多いタイプがお勧めで、服用すれば悪玉コレステロールも減少させられる為、ボディラインが整う効果も体験できます。特にコラーゲンの生成効果は強く、更年期障害を発症しやすい年齢の人にも肌の柔軟性が付加できる為、肉体年齢を大幅に若返らせて、年齢と共に急激に減少する肉体のコラーゲン生成能力も改善できるので、ピルを含めた多くの美容製品にも使われています。